観光情報(SIGHT)

*夏のイベント

◎遠軽町

■遠軽町埋蔵文化財センター■(遠軽町白滝)

 
4月29日(金・祝)~10月31日(月)まで休刊日なし
併設の白滝ジオパーク交流センターとともに日本有数の黒曜石産地のなりたちと1万年以上前の人たちのくらしを体感することができます。
 
■開館時間 午前9時~17時
■入館料 大人300円 高校生以下150円
 クリックすると新しいウィンドウで開きます

『大切なあの人に、コスモス畑で伝えたい』

コスモス園
太陽の丘えんがる公園コスモス園
1,000万本のコスモスが揺れる
  日本最大級のコスモス園…
 10ヘクタールの広大な敷地に1000万本のコスモスが咲く、
 日本最大級の コスモス園です。
 どこまでも続く青い空の下、咲き乱れる1000万本のコスモスを
 体感してください。
太陽の丘えんがる公園
 町のシンボルでもある「がんぼう岩」を中心に広がる公園内は、
 春から秋にかけ、いろんな花で彩られます。
 ・芝ざくら 
  春の訪れとともに、公園内の丘一面が芝ざくらでピンクに
  彩られます。また芝ざくらの傍らに咲くチューリップが見ごたえのある
  色合いを演出しています。
 
 ・百日草 
  「虹のひろば」コスモス園の入り口には大輪の赤・白・紫・黄色など
   色とりどりの百日草が訪れる人を出迎えてくれます。
   見ごろは8月中旬から10月初旬。
 
見晴牧場 
  太陽の丘えんがる公園「虹のひろば」を更に登ると町営の見晴牧場が
  あり、のどかに牛が草を食んでいる様子や街全体が見わたせる展望台
  からは晴れた日には湧別原野、更にはオホーツク海までみわたすことが
  でき、北海道らしさを体感できます。

◎遠軽町生田原

『感性が刺激される 心がいっぱいになる…』

◆ちゃちゃワールド
 ◎開館時間/ 9:30~18:00(4~10月)
      10:00~17:00(11~3月)
 ◎休館日/4~10月(無休)、11~3月/月曜(祝・祭日を除く)12/28~1/1
 ◎入館料/大人600円、小人300円、幼児無料
 ◎お問合せ/(0158-49-4022)
 
◆オホーツク文学館
 ~オホーツク圏が舞台となった著名な作家の文学作品や直筆原稿など
  500点の資料を展示。JR生田原に併設されています。
 
◆オホーツク文学碑公園
 ~小高い丘にある緑豊かな自然公園。オホーツク圏にゆかりのある著名な
  作家の文学作品を刻んだ石碑が遊歩道に沿って配されています。
 

遠軽町丸瀬布

森の神が宿る 葉の陰に命の息吹

◆いこいの森/オートキャンプ場
  北海道遺産:昭和3年から昭和33年まで国有林から木材や生活品の搬送
  に携わってきた。『森林鉄道』の動態保存は遠軽町が国内唯一です。
   森林鉄道蒸気機関車『雨宮21号』
 ・宿泊用バンガローや各種オートサイトを完備。アウトドア遊具も充実、
  武利川では渓流釣りも楽しめます。
◆昆虫生態館
  国内最大を誇る「オオゴマダラ」や沖縄地方の蝶が飛び交う広場。
  冬でも南国の自然を体験できる人気スポットです。
◆日帰温泉「やまびこ」
  肌にやさしい天然温泉が自慢の日帰り温泉。露天風呂やサウナを完備し
  レストランでは豊富なメニューやお土産品を取り揃えています。
◆マウレ・メモリアル・ミュージアム

◆遠軽町白滝

自然とは、かくも神秘で生命力にあふれ

ひらやまは白滝の西方、支湧別川の源にあるひらやまと呼ばれる
標高1,711mの高原頂上からは裏大雪の雄大な
パノラマを眺望でき大雪の展望台といわれる。
 
◎ひらやまの冷涼の滝
 夏のひらやまを楽しむ登山家たちに爽やかさを与える「冷涼の滝」
 マイナスイオンを補給しリフレッシュ、また登り進むポイントの1つ。
 
◎春のゲートボール公園       白滝ゲートボール公園
 散策や36ホールのパークゴルフも楽しめる公園です。
 しらかばの樹木やたくさんの花々に囲まれた園内には日本一のスケール
 を誇る
 
ホテルサンシャイン
0158-42-1151
ホテルサンシャイン
〒099-0404
北海道紋別郡遠軽町
大通北1丁目1番地1号
TEL/FAX
0158-42-1151
─────────────
(1981年11月開業)48室
■シングル(
禁煙)24室/
(喫煙)8室
■DXシングル(禁煙)4室
■ツイン(禁煙)3室/
(喫煙)1室
■DXツイン(禁煙)4室
■ダブル(禁煙)1室
■和室1室(1名~3名様)
■特別室2室、
■宴会場■会議室
■レストラン「瞰望」
ランチタイムメニューを
 (11:00~14:00)
 ご用意しております。
─────────────
お問い合わせはこちら